青山コーポレーションTOP > 青山コーポレーション株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 社宅業務~最近の傾向~

社宅業務~最近の傾向~


梅雨の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

今年の6月は、気温が30度越えの日々が続いたり、

20度前後まで下がる梅雨寒だったりと、体調管理が難しい梅雨となりました。

 

体調管理といえば、

私事ではありますが、夏本番に向けて夏用マスクを新たに購入いたしました。


購入したマスクは、水着素材で吸水速乾機能が備わっており、

さらには洗濯も可能なので、汗っかきの私にとっては非常に助かっております。


夏のマスク着用による熱中症が懸念されますので、気を付けて過ごしたいと思います。

 

さて、今回は社宅業務の最近の傾向についてお話させていただきます。

 

近年、働き方改革・テレワークの普及により、出社しなければ仕事ができない環境から、

出社しなくとも仕事ができるという環境に少しずつ変化してきました。

 

多種多様な企業様とお話させていただく中で、

総務・人事部のコア業務を在宅で取り組むことに伴い、「社宅業務自体を在宅でもできるようになれば助かる」

というお話をよく聞くようになりました。

 

弊社では、社宅業務全般を窓口一本化できるシステムを導入しております。

 

お部屋探しからご入居までをサポートする「社宅斡旋システム」、

ご入居から更新・解約、その他含めサポートする「社宅代行システム~託宅~TAKUTAKU~」


これらのシステムは全て「窓口一本」でご対応可能ですので、

社宅業務の簡素化を図りたい方、今まで考えてなかったけど聞いてみたい

などお考えの方には、最適なご提案をさせていただきます。


是非、お問い合わせ下さい!

 

青山コーポレーション株式会社

法人営業部


≪ 前へ|コロナウイルスによる賃貸住宅設備への影響   記事一覧   大人気‼家具家電付き物件のお話|次へ ≫

トップへ戻る